インダストリー別
   地域別/エリア別
   ニーズ別/手法別
広告代理店向けコンペサポート
企業向けプレゼン評価サポート
企業向け社内プレゼンサポート
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 富裕層マーケティングレポート
  4. 昭和初期の富裕層紳士録を名古屋大学がデータベースで公開

CATEGORY

カテゴリー

富裕層マーケティングレポート

昭和初期の富裕層紳士録を名古屋大学がデータベースで公開

2018年に公開された、大正時代の1915年版の紳士録「人事興信録」に続く第2弾が一般公開された。これは、名古屋大学大学院法学研究科の「日本研究のための歴史情報」プロジェクトが公開しているもので、昭和初期の富裕層を網羅した紳士録「人事興信録」1928年版のデータベースで、近代日本の資本主義経済発展と大正デモクラシーに代表される自由主義がピークを迎えた当時の富裕層を把握することができる。資料自体が戦前のものとなる為、テキストデータで表示できない漢字が使用されていることも少なくない。そのため原画像を表示する機能を持っている。

名古屋大学によると、1928年版の採録者は男性2万5,149人、女性67人の合計2万5,216人。その半数を会社員が占めており、職業欄に記載された株式会社名は延べ約2万8,400社にも及ぶ。1927年の金融恐慌の影響や1928年に実施された衆議院男子普通選挙の結果も反映されている。

人事興信録という1903年(明治時代)に創刊された、近代日本の富裕層といわれる人物について身分や職業だけでなく、戸籍調査などに基づく家族、親類の情報を掲載している人物情報誌がある。数年ごとに情報を更新して版を重ね、2009年まで刊行されてきたのだが、今回公開されたものは、調べたい用語を入力するだけで検索できる全文検索機能を備えており、氏名が不詳でも父親の名前や住所・肩書などで検索するとその人物を探し出すことができるというから驚きだ。

今までは見えにくかった採録者の親類関係の可視化や、その属性を基にして経済、社会、政治状況を関連づけた分析ができるようになっている非常に魅力的なデータベースとなっており、一見の価値ありだ。

参考資料:【名古屋大学】昭和3年版『人事興信録』(人事興信所刊)データベース一般公開(PDF)

関連記事

サイト内検索