富裕層インバウンド

日本政府が、2020年に4,000万人、2030年に6,000万人の訪日外国人観光客目標を掲げていることもあり、日本を訪れる外国人観光客の人数は年々増加傾向にあります。それに伴い、日本政府観光局(JNTO)をはじめ、いくつかの自治体が外国人富裕層観光客増加に向けた取り組みをすでに始めています(2019年6月現在)

当社も富裕層インバウンド戦略オフィシャルアドバイザーや、富裕層インバウンドカタログアドバイザーとして、自治体等の富裕層インバウンド戦略推進をサポートしてきました。具体的には、外国人富裕層や海外のトラベルバイヤー等を対象とした富裕層リサーチや、富裕層インバウンド戦略コンサルティングなどの実績があります。
また、富裕層インバウンド戦略推進に関するお問い合わせやご相談も日々当社に寄せられています。

富裕層インバウンド戦略を進める上でのポイントのひとつは、ターゲットを明確にすることです。当然ながら、ターゲットがアジア富裕層なのか欧米豪富裕層なのかによって、効果的な戦略は異なります。また、複数年度にわたる長期的な視野でひとつひとつの戦略を着実に実施していくことも重要なポイントです。

当社では、外国人富裕層観光客を増やしたいと考えている自治体や観光関連団体などからの、富裕層インバウンド戦略推進に関するお問い合わせやご相談を随時募集しています。まずは下記お問い合わせページより、お問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら